電話占いでも相談できないジャンル「ギャンブル」「病気・死」

電話占いでは、様々な相談内容について占ってもらう事が可能です。そのため相談内容のジャンルは多岐に渡っています。世間的にはNG行為である、不倫や浮気の相談に対しても、不倫や浮気はしたらダメなんて説教はせず、キチンと相談にのってくれます。そんな電話占いでも相談できないジャンルがあるという事を知っておきましょう。

電話占いでも相談できないジャンル・ギャンブル

電話占いなら、どんな事も相談する事が出来ると思っている人も多いかもしれません。ですが電話占いでも相談できないジャンルがいくつかあるので紹介していきます。

まずお金儲けに関する事は占う事は出来ません。例えば、「今週末の競馬はどの馬が優勝をするのか?」とか「どの台に座ればパチンコで勝てるのか?」などそんなギャンブルに関わる内容は禁止事項にあげられています。

では禁止事項になっているから相談を受け付けてはくれないけれど、的中率の高い占い師であれば、占う事は可能なのか?そんな興味を持つかもしれません。ですが能力の高い占い師ほど霊感が高く、位の高い守護霊がついているそうです。

そして自分の利益のためや他人の利益のために、占う事は出来なくなっています。ただし、もっとアバウトな金運についてとか、仕事に成功してお金を稼ぐ事が出来るかどうかなどは、占ってもらう事は可能です。

電話占いでも相談できないジャンル・病気や生死

ギャンブル以外にも電話占いで相談できないジャンルがあります。それは病気に関する事や、人の生死に関する事は占う事が出来ません。例えば健康運を占えば、今年は怪我に注意をした方がいいなどと占う事は可能です。

ですが、占い師には病気に関する知識はなく素人です。そのため今その人がどんな病気にかかっていて、どんな治療をすれば治るのかなど占いで分かる事ではありません。なので体調不良が続き、病気に対して不安があれば、病院へ行きましょう。

生死に関しても占いの世界ではタブーになっています。そのため「自分の寿命は何歳ぐらいでしょうか?」などと相談されても占う事は出来ません。

関連記事